Seminar セミナー情報
Home > Seminar > 感想と質問

Back Number これまでのセミナー情報

映像著作権セミナー2011

 

- 感想と質問
 31日午前 セミナー
 31日午後 シンポジウム
 1日 セミナー

2011夏 映像著作権セミナーのご案内(別サイト)

映像著作権セミナー2011
オンライン補講

 

- 斎藤 汎司先生 (07.21)

 

- 日向 央先生 (05.25)

映像著作権セミナー2011

 

- 感想と質問

 

- 講師からのひとこと
 斎藤 汎司先生
 日向 央先生

映像著作権セミナー2011のご案内(別サイト)

 

2011年3月3日(木)開催「映像著作権セミナー」
「日本発世界へ コンテンツプロデューサーのための課題と対策〜著作権とネット配信に強くなる!〜」


感想と質問

アンケート回答やメールでいただいた感想、当日質疑応答でのご質問をご紹介します。ご意見を是非、企画につなげて参ります。

★★当日質問票およびアンケート回答をいただいた皆様へ★★
同じように現場でお悩みの方にご紹介したく、また今後のセミナーのためにご意見を反映したく、匿名で文章をほぼそのまま掲載させていただいております。質問は質疑応答にて一度ご紹介しておりますが、アンケートは事前にご紹介のお願いをしておりません。もし不都合がおありの場合は、ご面倒ですが事務局までご一報いただければ幸いです。



感想

質問1 セミナーにつき、忌憚のないご意見をお聞かせください。
質問2 今後参加したいセミナーのテーマや、話を聴いて見たい講師など、是非お聞かせください。


質問1 質問2
テーマをしぼって もっと時間をかけて聞きたい話ばかりだった。駆け足になり残念。 コンテンツビジネスでの契約の留意点
初めての参加ですが、大変良かった!!
講演者のチョイスもよかったのでは。 著作権をもっと深く。
日向さんの話、もっと聞きたいです。
斎藤先生の(3)が伺えず残念でした。
映画の場合などを中心に、制作委員会方式の課題が知りたいです。
 
関本さんの生々しいお話を含む興味深いセミナーを開催していただき、ありがとうございました。  
講義時間が余りにも短くて、残念です。
次回、各先生の持ち時間を70分ぐらいないと理解が難しいです。
日向先生の話を楽しみに伺ったのですが、次回詳細なセミナーをお願いしたいと思います。
日向先生の今回演習問題及び解説を後日、HPもしくはメール等で、かならず発表して下さい。
日向先生―単独のセミナー希望。
・過去の制作会社のドラマのネット配信、著作権権利処理問題
・制作会社より新たなマルチコンテンツ制作、配信ドラマ(B.B.TV)権利処理問題
・ドラマから映画化されることが多いが、映画の製作委員会方式の問題
・またTVドラマの映像を映画に使用する権利処理、DVDの特典映像使用について伺いたい。
デスカッションの時間が短いと感じました。
テーマは大変面白いと思いますのでしぼりこんで深めて欲しかったです。
(もちろん肖像権、引用の法律の話は、大変興味深く聞きました。)
 
大変勉強になりました。 電子書籍に興味があります。
御社の守備範囲かどうか存じないのですが、可能であれば、セミナー等でとりあげていただければ幸いでございます。
講師の皆さんのお話の時間が足りなかったのが残念でした。全体的な内容は大変勉強になりましたが、個別のテーマでより深いセミナーを開催して頂けるとありがたいです。 ・権利処理の具体的な実務
・製作委員会契約の実務上の問題点
・著作権をどのような切り口で考えるかという事は難しいと思いますが、今回のセミナーは、テーマが拡散してしまった感があります。
・私の場合は、もっと実務に直結した話を集中的に伺いたかった。
シュヴァン主催のセミナーは、数ある著作権セミナーの中でも、非常に参考になり、また有意義であると、過去に参加して感じているので、今後もよろしくお願いしたい。
・実務に直結した話を伺いたい。TBSの日向氏など、具体的な例を上げての話は、非常に参考となる。
・以前行っていたように、2日間に渡ってのセミナーなど、集中して行っていただけるとありがたい。
内容は、どれも興味深かったのですが、もう少し一つの内容を掘りさげていただけると嬉しいです。 放送番組を中心として、その二次使用の権利処理について、多角的な見解を伺ってみたいです。
良いセミナーでした。 データとコンテンツの利用権、所有権に関係あるセミナー
時間が全体的に足りない  
講師の先生の持ち時間が少なすぎて内容が中途半端で終わってしまい残念。(聞いてみたい事まで行かないうちに終わってしまった)関本先生、日向先生にはもっとお話が出来る時間を次回作ってほしい。  
関本さんの生々しい話で良かった。  
大変参考になりました。あと30分欲しかったです!  
質問&議論がとてもタメになりました/具体例があるのがヨイです。 現場からのたたき上げの先生方がとても良かったです。この3名様によるセミナーや、こういう現場感のある方のセミナーが興味あります。
講師の皆様、すごい方ですね。
期待以上のたいへん有為なセミナーでした。受講しておられる方々も真摯な態度で臨まれており、素晴らしいと思いました。
ひとつ気がついたのは、受講者は「ネット配信」「権利処理」についてかなり具体的な悩みや課題を持っておられること。
質疑応答の時間がもっと取れるとさらに良いのでは。
もしくは、講師プロフィールを事前配布し、質問事項を先に出させてもいいと思います。
企画・準備は大変だと思いますが、またこのようなセミナーがあれば出席したいと思いました。
セミナーはとても勉強になりました。
日本の著作権界は既存利権を守るに必死で、日本のコンテンツを鎖国状態にしているなあ、と
改めて痛感しました。
 
豪華なゲスト陣のお話がとても勉強になりました。
また機会がありましたら是非参加させていただきたいと思います。
 
実務者としましては内容も大変面白く、
特にTBSの日向さんの内容は勉強になりました。
また、質問から、他社の方の状況も垣間見え
本当に有意義な時間だったと思っております。
 
貴重な濃い時間になりました。
またこのような機会がありましたら参加させていただきたいと思います。
 


質問


ご質問をされたい講師名 ご質問
日向講師 パブリシティ権の判例等の中で、”引用”の判断、解釈が反映されることについて、教えていただきたいです。
引用の判断との兼ね合いor有無、パブリシティ権の解釈とのバランス等、漠然としていますが知りたいです。
関本講師 日向講師の冒頭、問題(2)「全問のNHKの〜」についてのNEPの対応についてお聞きしたく思います。
また、同問題の発展、テレビ番組「ドラマ制作の歴史を振り返る」の中で引用されたドラマコンテンツの中で許諾の必要な”音源”(例えば外国楽曲)が使われていた場合の対応についてもお聞きしたい。
(上記2点はネット配信(YouTubeを含む)を想定した質問です)
斎藤講師 III 成すべきことのパートを詳しくお聞きしたいです。
関本講師 ・ 違法動画削除作業にあたりNEP側の作業量はどの程度なのか?できれば具体的にお願いします。
・ 番組提供契約で配信上の責任はすべてYouTube側にあるとは?もし配信で出演者等に被害を受けるようなことがあっても責任がないということ?
全員 「引用」における”公正な慣行”と”批評”の線引は?具体的には報道番組以外の情報番組でどこまで「引用」は可能か?
指定なし 実際の制作現場での権利処理の体制・具体的な手順を教えてください。
・誰が行うか?(制作スタッフか?専任の処理スタッフがいるか?)
・権利処理が行われたことをどうチェック・管理するか?
指定なし コンテンツビジネスを推し進めるためには、制作時に権利関係をきれいにしておくことが、有効だと思われます。
一方で、制作現場ではまず「放送」を確実に出すことが何より優先されるので、おざなりになりがちです。
そのあたりは、NHK(NEP)、TBS、日テレ各社どのように取り組まれているのでしょうか。
英国BBCは「オールライツクリア」を大前提に制作に臨んでいると聞きますが、諸外国メディアでもそういう動きはあるのでしょうか?
日向講師 映像への「著作物の映り込み」について。二次利用時の権利処理「要/不要」の判断基準を教えてください。
特に悩むのがフェアユースが通れば「軽微な映り込み」で済むと思われるケース(ただし意図的に映り込ませている)。
現状、32条「引用」の類推で逃げるか、権利処理するかの二択で常に悩んでいます。(非常に多いケースなので)
日向講師 岸辺のアルバムの写真と関連するか分かりませんが、いわゆる「所有権」というのでしょうか?寺社仏閣における、建物自体、あるいは所有している仏像に対する権利は、何というものなのでしょう。

例えば-[有名なお寺]
修学旅行などでも学生が撮影します。
しかし、商用となると使用料が発生する。拝観料を払って、庭で撮影して、使用料・・・この権利は何なのでしょう。
デジタル化、ネット利用では、使用すら拒否される。

2次利用でも、昔の寺の映像を利用する場合。
素材をもっている(あるいは製作された)会社の権利と、また撮影者などの権利以外に、その映像の中に映っている寺の許可が必要なのか?
本音はこういった費用を支払いたくないが、どうなのでしょう。