Seminar セミナー情報
Home > Seminar > 斎藤先生オンライン「補講」および古瀬講師対談

Back Number これまでのセミナー情報

映像著作権セミナー2011

 

- 感想と質問
 31日午前 セミナー
 31日午後 シンポジウム
 1日 セミナー

2011夏 映像著作権セミナーのご案内(別サイト)

映像著作権セミナー2011
オンライン補講

 

- 斎藤 汎司先生 (07.21)

 

- 日向 央先生 (05.25)

映像著作権セミナー2011

 

- 感想と質問

 

- 講師からのひとこと
 斎藤 汎司先生
 日向 央先生

映像著作権セミナー2011のご案内(別サイト)

 

「映像著作権セミナー 2011」
斎藤先生オンライン「補講」および古瀬講師対談

3月3日斎藤先生セミナー補講「『製作委員会』製作映画をめぐる問題点」に加え、古瀬講師のマンガ「コブラ」戦略および対談を、【無料ライブ配信】致しました。

開催日時:7月21日(木)14時30分〜15時30分
前半:斎藤先生・古瀬講師による講義 後半:質疑応答・対談

ご視聴後のアンケートに、是非ご協力下さい。ご回答フォームはこちら



斎藤先生補講+古瀬講師対談にてご紹介した質問

ご質問をお寄せいただいた皆様、ありがとうございました。時間の関係上、当日ご紹介しきれなかった方は申し訳ございません。別の機会に、是非とりあげさせていただきます。また近いテーマはとりまとめさせていただき、質問文は短くさせていただきました。どうぞご了承ください。

質問
作品やキャラクターを息長く育てるにあたり「他の企業・作品とのコラボ」もよく見かけますが、コラボ先が”同種の業界”か”まったく別の業界”かによって異なると思うのです。

まったく別の業界と共働するにあたり、各業界慣習への依拠を越えた汎用性の高い「権利ルール」、言い換えると「業界を問わない、共通な部分」とは、どのような内容とお考えでしょうか?
自分たちが愛をもってコンテンツを送り出す力と、守る力。自社コンテンツを食いつぶされない展開パートナー(展開先・仲介者)を見極めるポイントはありますか?
媒体のデジタル化、グローバル化でコンテンツ需要はあるものの、展開準備が遅いとチャンスを逃します。一方、予算から「具体的に展開展望が見えてから権利情報を整理する」という制作会社の事情もわかります。
需要者と供給者をマッチングできる市場は望まれていますが、腰の重い供給者への激励・アドバイスはありますか?
次世代プロデューサー、またはクリエイターに最も必要なプロデュース面でのスキルとは何でしょうか?
クールジャパンは実現すると思われますか?
震災の影響で、日本への観光客は激減。直接日本のコンテンツ(サブカルチャー)に触れる機会が減り、ネットや海外展開という手段が重要度を増してくると思われます。そういった視点で具体的に動いているプロジェクト等はあるのでしょうか。